English


発表論文リスト   (福島 邦彦, Kunihiko Fukushima)


Top | 原著論文 | 単行本 | 解説 | 国際会議 | 国内学会・研究会 | 取材記事 |


3. 解説・展望・速報論文 (解説的論文・英訳された論文を含む)

  1. 福島邦彦: "推薦のことば",
    2020-2021年版 初めての医用画像ディープラーニング — 基礎・応用・事例 —, 藤田広志 監修, pp. vi-vii, オーム社 (2020.5).
  2. 福島邦彦: "ネオコグニトロンと畳み込みニューラルネットワーク",
    医用画像情報学会雑誌, 36[2], pp. 17-24 (2019.6.28).
  3. 福島邦彦: "「ネオコグニトロン」の着想",
    NHK旧友会報, No. 101, pp. 7-8 (2018.5.25).
  4. D. Andina, K. Fukushima, J. R. Peláez, D. T. Pham (Guest Editors): "Introduction",
    International Journal of Neural Systems, 28[5] (Special Issue – Neuroengineering: from Neurosciences to Computations), pp. 1803001-1 – 1803001-2 (Jan. 2018). doi: 10.1142/S0129065718030016
  5. 福島邦彦: "日本神経回路学会学術賞を受賞して",
    日本神経回路学会誌, 24[4], pp. 236-240 (2017.12).
  6. 福島邦彦: "ネオコグニトロンと畳み込みニューラルネットワーク(3) ― 頑強な視覚パターン認識システムを目指して",
    NES VIEW (NHK-ES友の会会誌), 36[4], pp. 8-9 (2017.7).
  7. 福島邦彦: "ネオコグニトロンと畳み込みニューラルネットワーク(2) ― 頑強な視覚パターン認識システムを目指して",
    NES VIEW (NHK-ES友の会会誌), 36[3], pp. 8-9 (2017.5).
  8. 福島邦彦: "ネオコグニトロンと畳み込みニューラルネットワーク(1) ― 頑強な視覚パターン認識システムを目指して",
    NES VIEW (NHK-ES友の会会誌), 36[2], pp. 6-7 (2017.3).
  9. 福島邦彦: "視覚パターン認識とネオコグニトロン",
    VISION (日本視覚学会誌), 29[1], pp. 1-5 (2017).
  10. 福島邦彦: "ネオコグニトロンと一次視覚野",
    Clinical Neuroscience, 34[8], pp. 892-895 (2016.8).
  11. 福島邦彦: "ネオコグニトロン: deep convolutional neural network",
    知能と情報 (日本知能情報ファジィ学会誌), 27[4], pp. 115-125 (2015.8).
  12. 福島邦彦: "「数理科学」は語る: 30年前から現代へのメッセージ",
    数理科学, 50[7], p. 65 (2012.7).
  13. "INNS Award Acceptance Statement: Kunihiko Fukushima – INNS Helmholtz Awardee",
    Natural Intelligence: the INNS Magazine, 1[2], pp. 59-60 and 62 (Winter 2012).
  14. 福島邦彦: "巻頭言: 真理は一つではない",
    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), 24[1], p. 1 (2012.2).
  15. 福島邦彦: "巻頭言: 脳を大規模な情報処理システムとして捉えよう",
    日本神経回路学会誌, 17[2], pp. 61-62 (2010.6).
  16. "日本神経回路学会創立20周年記念パネルディスカッション",
    日本神経回路学会誌, 17[1], pp. 12-23 の中の pp. 19-22 (2010.3).
  17. 福島邦彦: "JNNS創立の頃",
    日本神経回路学会誌, 16[2], pp. 51-56 (2009.6).
  18. K. Fukushima: "Neocognitron",
    Scholarpedia (Encyclopedia of Computational Neuroscience), 2[1], p. 7715 (2007).
    http://www.scholarpedia.org/article/Neocognitron.
  19. 福島邦彦: "平成18年度日本神経回路学会論文賞・研究賞・奨励賞の概要: 論文賞 Restoring partly occluded patterns: a neural network model. Fukushima K. Neural Networks 18 (2005) 33-43",
    日本神経回路学会誌, 13[4], pp. 153-154 (2006.12).
  20. 福島邦彦: "私の研究遍歴 (その3)",
    信号処理 (信号処理学会誌), 10[5], pp. 327-335 (2006.9).
  21. 福島邦彦: "私の研究遍歴 (その2)",
    信号処理 (信号処理学会誌), 10[3], pp. 171-181 (2006.5).
  22. 福島邦彦: "私の研究遍歴 (その1)",
    信号処理 (信号処理学会誌), 10[2], 101-110 (2006.3).
  23. K. Fukushima: "Modeling Neural Networks for Artificial Vision",
    NIP-LR (Neural Information Processing — Letters and Reviews), 10[4-6], pp. 61-82 (April-June 2006).
  24. 福島邦彦: "視覚情報処理と神経回路 (2) — 動的処理の効用",
    システム/制御/情報 (システム制御情報学会誌), 49[8], pp. 331-336 (2005.8).
  25. 福島邦彦: "視覚情報処理と神経回路 (1) — ぼかしの効用",
    システム/制御/情報 (システム制御情報学会誌), 49[8], pp. 325-330 (2005.8).
  26. 福島邦彦: "(私の研究エポック) 視覚系の神経回路モデルの研究: ネオコグニトロンの着想",
    脳21, 8[2], pp. 214-218 (2005.4).
  27. "学生フォーラム 第19回 福島邦彦氏", (interview),
    人工知能学会誌, 19[2], pp. 283-286 (2004.3).
  28. 福島邦彦: "次の一歩への挑戦",
    日本神経回路学会誌, 9[2], pp. 89-91 (2002.6).
  29. 福島邦彦: "HFSPグラント審査の感想",
    脳の世紀ニュース, 7[19/20], pp. 8-9 (2000.12.27).
  30. K. Fukushima, M. Heiss, F. J. Kurfess: "Guest editorial: Neural computation",
    Neurocomputing, 31[1-4], pp. 105-106 (March 2000).
  31. H. Hashimoto, K.Fukushima: "Recognition and segmentation of facial components using selective attention model",
    Systems and Computers in Japan (Scripta Technica ), 30[9], pp. 55-63 (Aug. 1999).
  32. R. Cherappa, K. Fukushima, A. K. Katsaggelos, S.-Y. Kung, Y. LeCun, N. M. Nasrabadi, T. A. Poggio: "Guest editorial: Applications of artificial neural networks to image processing",
    IEEE Trans. on Image Processing, 7[8], pp. 1093-1094 (Aug. 1998).
  33. Y. Yamaguchi, K. Fukushima, M. Okada: "Neural network model for associative recall of maps",
    Systems and Computers in Japan (Scripta Technica ), 29[13], pp. 9-17 (Nov. 1998).
  34. 福島邦彦: "巻頭言: もっとスペキュレーションを",
    日本神経回路学会誌, 5[3], pp. 99-100 (1998.9).
  35. 福島邦彦: "視覚パターン認識機構の研究",
    Telecom Frontier, No. 17, pp. 24-38 (1997.11.20).
  36. 福島邦彦: "能動的視覚情報処理の神経回路モデル",
    専門用語研究, No. 13, pp. 1-9 (1997.3).
  37. 福島邦彦: "能動的視覚情報処理",
    Computer Today, No. 78, pp. 15-23 (1997.3).
  38. K. Fukushima, S. K. Aityan, T. J. Anastasio, J. van Pelt: "Guest editorial: Presenting the special issue on biological neural networks",
    Neurocomputing, 11[2-4], pp. 123-124 (Nov. 1996).
  39. 青西亨, 福島邦彦: "おめでとう論文賞: 網膜と皮質の不均一性を考慮した注視点移動モデル",
    電子情報通信学会 情報・システムソサイアティ誌, 1[2], pp. 4-5 (1996.7).
  40. 福島邦彦: "能動的視覚情報処理: 神経回路モデル",
    Vision (日本視覚学会誌), 8[3], pp. 149-154 (1996.7).
  41. H. Shouno, K. Fukushima: "Connected character recognition in cursive handwriting using selective attention model with bend processing",
    Systems and Computers in Japan (Scripta Technica, Inc. ), 26[10], pp. 35-46 (Oct. 1995).
  42. M. Ohno, M. Okada, K. Fukushima: "Neocognitron learning by backpropagation",
    Systems and Computers in Japan (Scripta Technica, Inc. ), 26[5], pp. 19-28 (May 1995).
  43. 岡田真人, 福島邦彦: "神経回路理論 [III]",
    ブレインサイエンス, 6[1], pp. 67-72 (1995.2).
  44. M. Tanigawa, K. Fukushima: "How to adjust the threshold of feature-extracting cells in the neocognitron",
    Systems and Computers in Japan (Scripta Technica, Inc. ), 25[10], pp. 98-107 (1994).
  45. 福島邦彦: "視覚パターン認識の神経回路モデル",
    imago, 5[14], pp. 152-164 (1994.12).
  46. 福島邦彦: "神経回路理論 [II]",
    ブレインサイエンス, 5[4], pp. 397-404 (1994.11).
  47. 福島邦彦: "パターン認識と学習",
    学術月報, 47[9], pp. 921-927 (1994.9).
  48. 福島邦彦: "神経回路理論 [I]",
    ブレインサイエンス, 5[3], pp. 285-291 (1994.8).
  49. 福島邦彦: "これからのパターン認識研究",
    日本神経回路学会誌, 1[1], pp. 2-6 (1994.8).
  50. 福島邦彦: "IJCNN'93-Nagoyaを終わって",
    JNNS Newsletter, 5[5], pp. 1-2 (1993).
  51. 福島邦彦: "人工神経回路による英文続け書きの認識",
    画像ラボ, 4[11], pp. 28-30 (1993.11).
  52. 福島邦彦: "神経回路による文字・図形認識",
    光アライアンス, 4[11], pp. 19-22 (1993.11).
  53. T. Imagawa, K. Fukushima: "Character recognition in cursive hand-writing with the mechanism of selective attention",
    Systems and Computers in Japan (Scripta Technica, Inc. ), 24[3], pp. 89-97 (1993).
  54. 福島邦彦: "視覚情報処理と神経回路モデル",
    臨床精神医学, 23[9], pp. 1223-1230 (1993.9).
  55. K. Fukushima: "The importance of learning from the biological brain",
    Optoelectronics, 8[1], pp. 127-128 (1993.3).
  56. 福島邦彦: "学習と記憶班の班長をつとめて",
    重点領域研究ニュースレター 脳の高次機能の計算論的および実験的研究, No. 14 (1993.2.10).
  57. 福島邦彦: "人工神経回路",
    テレビジョン学会誌, 46[11], pp. 1393-1402 (1992.11).
  58. 福島邦彦: "研究室紹介: 大阪大学基礎工学部生物工学科福島研究室",
    人工知能学会誌, 7[4], p. 715 (1992.7).
  59. K. Fukushima: "Character recognition with neural networks",
    Neurocomputing, 4[5], pp. 221-233 (1992).
  60. 福島邦彦: "平成3年度文部省科件費採択研究: 脳の記憶システム 情報論的意義追う",
    科学新聞 (1992.2.14).
  61. 福島邦彦: "脳に学べ", (巻頭言)
    光学 (日本光学会), 20[12], p. 769 (1991.12).
  62. 福島邦彦: "ニューロコンピュータと画像表示", (巻頭言)
    画像ラボ, 2[10], p. 19 (1991.10).
  63. 福島邦彦: "ICANN-91に出席して (国際会議報告ICANN-91: Helsinki)",
    JNNS Newsletter, 3[3], p. 4 (1991).
  64. 座談会 (堂下, 有川, 西田, 元田, 甘利, 田中, 福島, 馬野, 片井, 菅野): "AI・ニューロ・ファジィ",
    同時掲載: 人工知能学会誌, 6[4], pp. 482-500 (1991.7); JNNS Newsletter, Supplement No. 1, pp. 2-20 (1991.7).
  65. 座談会 (福島, 雨宮, 石川, 久馬, 金藤): "期待される次世代の頭脳: ニューロコンピュータ",
    読売新聞 (読売新聞西日本本社) (1991.4.30).
  66. 福島邦彦: "神経回路とコンピュータ・シミュレーション",
    Computer Simulation, 2[1], pp. 28-31 (1991.2.28).
  67. 福島邦彦: "神経回路学会全国大会を終わって",
    JNNS (神経回路学会) Newsletter, 2[4], p. 1 (1990.10).
  68. 福島邦彦: "脳に学ぶパターン認識",
    UPU BOOK, INTER研究論文集'90, p. 133 (1990.10.2).
  69. 福島邦彦: "神経回路モデルに基づく知的情報処理の可能性",
    電子情報通信学会誌, 73[5], pp. 538-541 (1990.5).
  70. 福島邦彦: "ニューロコンピューティング",
    数学セミナー増刊, 「先端技術と数理科学の対話」, 森正武, 藤井宏編, pp. 60-78 (1990).
  71. 福島邦彦: "ニューロコンピューターと神経回路モデル",
    NEW GLASS, 4[13], pp. 54-60 (1989.12).
  72. 福島邦彦: "視覚パターン認識のモデル",
    遺伝別冊2号, 「脳研究とニューロコンピュータ」, pp. 102-110 (1989.11).
  73. 福島邦彦: "会長就任あいさつ",
    JNNS (神経回路学会) Newsletter, 1[1], p. 3 (1989.10).
  74. 福島邦彦: "ヒトの脳をめざせ!",
    日経産業新聞 (1989.9.4).
  75. 福島邦彦: "神経回路と視覚パターン認識",
    bit臨時増刊「人工ニューラルシステム」, 21[11], pp. 1378-1392 (1989.9).
  76. 福島邦彦: "神経回路モデルとパターン認識",
    電気学会雑誌, 109[6], pp. 445-448 (1989.6).
  77. 福島邦彦: "基礎研究の先導者であることを願う",
    日経BP NEWS, 創立20周年記念特集号 (社内報), No. 215, p. 31 (1989.4.1).
  78. 福島邦彦: "視覚パターン認識と神経回路モデル",
    精密工学会誌, 55[4], pp. 638-639 (1989.4).
  79. 福島邦彦: "ニューロコンピューティング研究の歴史と今後の展開",
    シミュレーション (日本シミュレーション学会誌), 8[1], pp. 4-10 (1989.3).
  80. 福島邦彦: "国際会議: IEEE international conference on neural networks",
    電子情報通信学会誌, 71[11], p. 1125 (1988.11).
  81. 福島邦彦: "ネオコグニトロン",
    コンピュートロール (コロナ社), No. 24, pp. 61-69 (1988.10).
  82. 福島邦彦: "記憶・学習・自己組織化のモデル",
    Computer Today, No. 27 (Vol. 5, No. 5), pp. 22-29 (1988.9).
  83. 福島邦彦: "ATRワークショップ「神経回路と並列処理」に出席して",
    可塑性神経回路ニュース, 3[2], p. 4 (1988.7).
  84. 福島邦彦: "ニューロブームがやってきた",
    科学朝日, 48[7], pp. 14-19 (1988.7).
  85. T. Ito, K. Fukushima: "A neural network model extracting features from speech signals",
    Systems and Communications in Japan, 19[3], pp. 32-45 (1988).
  86. 福島邦彦: "IEEE第1回神経回路国際会議に出席して",
    可塑性神経回路ニュース, 2[3], pp. 5-6 (1987.9).
  87. 伊藤崇之, 福島邦彦: "マン・マシンインターフェースとしての音声認識研究",
    OHM, 74[9], p. 92 (1987.9).
  88. 福島邦彦: "脳に学ぶパターン認識",
    テレビジョン学会誌, 41[9], pp. 780-786 (1987.9).
  89. 福島邦彦: "能動的パターン認識 — 選択的注意能力をもつシステム —",
    科学, 57[4], pp. 243-248 (1987.4).
  90. 伊藤崇之, 福島邦彦: "神経回路による音声の特徴抽出",
    NHK技研月報, 30[3], pp. 99-104 (1987.3).
  91. 福島邦彦: "脳に学ぶパターン認識",
    システムと制御 (日本自動制御協会), 31[3], pp. 172-179 (1987.3).
  92. 福島邦彦: "知能観測とは何か (アンケート)",
    AIジャーナル, No. 8, pp. 29-30 (1987.2).
  93. K. Fukushima: "A neural network model for the mechanism of selective attention in visual pattern recognition",
    Systems and Computers in Japan (Scripta Technica, Inc. ), 18[1], pp. 102-113 (1987).
  94. K. Fukushima: "Neocognitron: A brain-like system for visual pattern recognition",
    Denshi Tokyo (published by the Tokyo Section, IEEE ), No. 25, pp. 89-92 (1986).
  95. K. Fukushima: "A neural network model for selective attention in visual pattern recognition",
    Neuroscience Research, supplement 3, p. S188 (1986).
  96. 福島邦彦: "パターン認識と連想記憶のメカニズム",
    日本の科学と技術, 27[242], pp. 32-38 (1986.11-12).
  97. 福島邦彦: "知識情報処理の展望: 神経科学の立場から",
    電子通信学会誌, 69[11], pp. 1093-1099 (1986.11).
  98. 福島邦彦: "注意の神経回路モデル",
    神経研究の進歩, 30[5], pp. 783-791 (1986.10).
  99. K. Fukushima, S. Miyake, T. Ito: "Neocognitron: A biocybernetic approach to visual pattern recognition",
    NHK Laboratories Note, No. 336 (Sept. 1986).
  100. 福島邦彦: "「音声タイプ開発」への道",
    印刷情報, 46[8], pp. 22-29 (1986.8).
  101. 福島邦彦: "生体感覚をめざしたパターン認識",
    計測技術, 14[7], pp. 56-61 (1986.6).
  102. 福島邦彦: "パターン認識とロボット・ビジョン",
    光学技術コンタクト, 24[5], pp. 387-394 (1986.5).
  103. 福島邦彦: "バイオサイバネティクス",
    BIO INDUSTRY, 3[3], pp. 225-231 (1986.3).
  104. 福島邦彦: "NHKにおける視覚の研究その3: 人工頭脳を目指して",
    VIEW (NHK-ES友の会会誌), 5[1], pp. 8-13 (1986.1).
  105. 福島邦彦: "バイオサイバネティクスとネオコグニトロン — 工学的アプローチによる脳の解明 —",
    学際研究ニュース, No. 8, pp. 4-5 (1985.5.10).
  106. 福島邦彦: "生体機能を参考にした画像処理",
    電気学会雑誌, 105[5], pp. 401-404 (1985.5).
  107. 福島邦彦: "神経回路モデル",
    情報処理, 26[2], pp. 139-147 (1985.2).
  108. K. Fukushima: "A hierarchical neural network model for associative memory",
    Neuroscience Letters, supplement 17, p. S46 (1984).
  109. 福島邦彦: "パターン認識におけるトポロジー",
    ELAN <ニューテクノロジーの世界>, 1984 Autumn, pp. 10-13 (1984.10).
  110. 福島邦彦: "学習するパターン認識装置",
    NEWTON, 4[10], pp. 8-9 (1984.10).
  111. 福島邦彦: "コンピュータビジョンとバイオサイバネティクス",
    情報処理, 25[9], pp. 967-969 (1984.9).
  112. 福島邦彦: "パターン認識とネオコグニトロン",
    テレビジョン学会誌, 38[3], pp. 212-218 (1984.3).
  113. K. Fukushima: "A hierarchical neural network model for associative memory",
    Electronics and Communications in Japan (scripta electronica japonica II ), 66[12], pp. 43-52 (Dec. 1983).
  114. 三宅誠, 福島邦彦: "高次機能を探る — フィードバック情報処理機構と神経回路モデル —",
    NHK技研月報, 26[12], pp. 462-468 (1983.12).
  115. 福島邦彦: "パターン認識と学習の新しいアルゴリズム — ネオコグニトロン —",
    別冊・数理科学「パターン認識」, pp. 51-57, サイエンス社 (1983.10).
  116. 福島邦彦: "ネオコグニトロン — 脳のメカニズムを参考にした新しいパターン認識方式 —",
    電波科学, 昭58年2月号 (No. 606), pp. 157-161 (1983.2).
  117. S. Miyake, K. Fukushima: "Self-organizing neural network model with efferent inhibitory synapses",
    Neuroscience Letters, supplement 9, p. S71 (1982).
  118. 福島邦彦: "パターン認識と神経回路 — コグニトロンとその発展 —",
    システム総合研究, 2[9], pp. 1-17 (1982.11).
  119. 福島邦彦: "学習能力をもつ高度なパターン認識 ネオコグニトロン",
    NHK-ES技術移転情報, 1[5], pp. 2-9 (1982.11).
  120. 福島邦彦: "人間の目に一歩近づいた機械 ネオコグニトロン — 図形認識の新手法について —",
    学習コンピュータ, 昭和57年11月号 (Vol. 13, No. 11), pp. 19-25 (1982.11).
  121. 福島邦彦: "パターン認識と学習の新しいアルゴリズム — ネオコグニトロン —",
    数理科学, 1982年7月号 (No. 229), pp. 18-24 (1982.7).
  122. K. Fukushima, S. Miyake: "A neural network model for a mechanism of visual pattern recognition: Neocognitron",
    Neuroscience Letters, supplement 6, p. S119 (1981).
  123. 福島邦彦: "学習のモデル",
    医用電子と生体工学 (日本ME学会雑誌), 19[5], pp. 319-330 (1981.9).
  124. 福島邦彦: "時間と連想",
    別冊・数理科学「時間」, pp. 165-170, サイエンス社 (1981.4).
  125. 福島邦彦: "パターン認識の新手法 — ネオコグニトロン —",
    自動化技術, 13[2], pp. 31-34 (1981.2).
  126. K. Fukushima: "A neural network model for a mechanism of visual pattern recognition",
    Neuroscience Letters, supplement 4, p. S70 (1980).
  127. 福島邦彦: "80年代の展望: パターン認識",
    電波新聞 (1980.6.27).
  128. "人工頭脳をめざして",
    NHK技研月報, 23[2], pp. 43-46 (1980.2).
  129. 福島邦彦: "これからのバイオニクス研究",
    AVIRG (視聴覚情報研究会) 会報, 15[9], pp. 4-5 (1980.1).
  130. K. Fukushima: "Neural network model for a mechanism of pattern recognition unaffected by shift in position — Neocognitron",
    Electronics and Communications in Japan (scripta electronica japonica II ), 62[10], pp. 11-18 (Oct. 1979).
  131. 福島邦彦: "パターン認識と神経回路 — コグニトロンとその発展 —",
    NHK技研月報, 22[8], pp. 305-321 (1979.8).
  132. 福島邦彦, 大串健吾: "視聴覚系のモデルによる研究",
    計測と制御, 18[1], pp. 22-29 (1979.1).
  133. 福島邦彦: "神経回路モデルの研究 (「研究・技術これから」)",
    電子通信学会誌, 60[10], pp. 1164-1165 (1977.10).
  134. 福島邦彦: "西ドイツの視覚研究",
    NHK技研月報, 20[10], pp. 421-424 (1977.10).
  135. 福島邦彦: "神経回路とパターン情報処理",
    NHK技研月報, 19[5], pp. 189-195 (1976.5).
  136. K. Fukushima: "Self-organizing multilayered neural network",
    Systems • Computers • Controls (scripta electronica japonica III ), 6[5], pp. 15-22 (Sept./Oct. 1975).
  137. 福島邦彦: "未来技術: 大脳機能コンピューター 1-4",
    日経産業新聞 (1975.9.2-9.5).
  138. 福島邦彦: "光学情報の神経伝達機構",
    東京医学, 83[1], pp. 54-62 (1975.2).
  139. 福島邦彦: "視覚のメカニズム",
    週刊にんげん百科 (アルファ研究所), No. 33, pp. 788-792 (1974.4.22).
  140. 福島邦彦, 平井有三: "両眼視差抽出機構の神経回路モデル",
    眼科臨床医報, 68[12], pp. 1250-1254 (1974.12).
  141. 福島邦彦, 平井有三: "両眼視差抽出機構の神経回路モデル",
    日本弱視斜視研究会雑誌, 2, pp. 18-22 (1974.12).
  142. 福島邦彦: "神経網モデルとパターン認識",
    電気学会誌, 93[11], pp. 1028-1031 (1973.11).
  143. 福島邦彦: "視聴覚神経系のモデル",
    数理科学, 11[9], pp. 54-65 (1973.9).
  144. K. Fukushima: "Associative memory for spatio-temporal patterns",
    Systems • Computers • Controls (scripta electronica japonica III ), 4[4], pp. 15-21 (July/Aug. 1973).
  145. 福島邦彦: "計算機による画像処理",
    テレビジョン (テレビジョン学会雑誌), 26[11], pp. 892-903 (1972.11).
  146. 福島邦彦: "視覚系とそのモデル",
    光学, 1[4], pp. 212-224 (1972.8).
  147. 福島邦彦: "視覚とそのシミュレーション (6)",
    バイオテク, 3[8], pp. 666-667 (1972.8).
  148. 福島邦彦: "視覚とそのシミュレーション (5)",
    バイオテク, 3[7], pp. 577-580 (1972.7).
  149. 福島邦彦: "視覚神経系のモデル",
    システムと制御, 16[6], pp. 441-452 (1972.6).
  150. 福島邦彦: "人間の行なうパターン認識",
    電子技術, 14[3], pp. 68-69 (1972.3).
  151. 福島邦彦: "時間と連想",
    数理科学, 1972年3月号, pp. 50-55 (1972.3).
  152. 福島邦彦: "画像情報の圧縮",
    電気学会雑誌, 91[12], pp. 2194-2200 (1971.12).
  153. 福島邦彦: "パターン認識に新しい道を切り開く: 視覚神経系を参考にした特徴抽出回路の中身",
    日経エレクトロニクス, 増刊号, pp. 73-81 (1971.4.12).
  154. 福島邦彦: "視覚神経系のモデル",
    バイオテク, 1[1], pp. 34-42 (1970.10).
  155. 福島邦彦: "視覚神経系を参考にした特徴抽出回路の設計",
    NHK技研月報, 13[9], pp. 421-426 (1970.9).
  156. 福島邦彦: "視覚情報処理におけるコンピュータの利用 — アナログ多層回路網による特徴抽出 —",
    データ通信, 2[9], pp. 51-56 (1970.9).
  157. 福島邦彦: "電子の目の開発",
    日刊工業技術ジャーナル, 第564号, p. 7 (1970.8.7).
  158. 渡部叡, 福島邦彦: "視覚と情報",
    bit (共立出版), 2[7], pp. 584-592 (1970.7).
  159. 福島邦彦: "視覚のメカニズム — その機械化と生物工学的研究 —",
    科学朝日, 30[6], pp. 39-42 & 32-33 (1970.6).
  160. 福島邦彦: "人間の目と情報処理",
    電子技術, 12[5], pp. 25-31 & 42 (1970.5).
  161. 福島邦彦: "講座: 帯域圧縮の技術4 テレビジョン信号の帯域圧縮",
    電子通信学会誌, 53[3], pp. 332-344 (1970.3).
  162. 福島邦彦: "電子の眼",
    医用電子と生体工学 (日本ME学会雑誌), 7[3], pp. 136-151 (1969.6).
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmbe1963/7/3/7_3_136/_pdf
  163. 福島邦彦: "アメリカにおけるバイオニクスとパターン認識の研究グループを尋ねて",
    NHK技研月報, 12[3], pp. 129-133 (1969.3).
  164. 福島邦彦: "アナログ多層回路網による特徴抽出",
    OHM, 55[12], pp. 69-70 (1968.11).
  165. 福島邦彦: "パターン認識のための特徴抽出回路 — 生物の視覚系と特徴抽出 —",
    テレビジョン (テレビジョン学会雑誌), 22[11], pp. 866-880 (1968.11).
  166. 福島邦彦: "画像シミュレーション装置",
    NHK技研月報, 8[8], pp. 484-489 (1965.8).
  167. 安東平一郎, 佐々昂一, 福島邦彦: "テレビ帯域圧縮のシミュレーション",
    NHK技研月報, 8[8], pp. 478-483 (1965.8).
  168. K. Fukushima, H. Ando: "Television band compression by multimode interpolation",
    Electronics and Communications in Japan (電気通信学会雑誌の英訳), 47[1], pp. 59-69 (Jan. 1964).
  169. 福島邦彦: "パーセプトロン",
    NHK技研月報, 7[12], pp. 748-752 (1964.12).
  170. 福島邦彦, 安東平一郎: "補間符号方式によるテレビ帯域圧縮 — 電子計算機によるシミュレーション実験 —",
    OHM, 51[6], pp. 74-75 (1964.5).
  171. 福島邦彦, 他: "座談会: パターン認識と放送 (2)",
    NHK技研月報, 7[3], pp. 153-161 (1964.3).
  172. 福島邦彦, 他: "座談会: パターン認識と放送 (1)",
    NHK技研月報, 7[2], pp. 91-99 (1964.2).
  173. K. Fukushima: "Prediction in multi-dimensional space",
    Electronics and Communications in Japan (電気通信学会雑誌の英訳), 46[2], pp. 18-27 (Feb. 1963).
  174. 安東平一郎, 福島邦彦: "画質研究における電子計算機の応用 — 画像シミュレーション",
    テレビジョン (テレビジョン学会雑誌), 17[12], pp. 747-751 (1963.12).
  175. 山口幸也, 福島邦彦: "メガネのいらない立体テレビ方式",
    テレビ技術, 9[9], pp. 32-34 (1961.6).
  176. 山口幸也, 福島邦彦: "メガネを用いない立体テレビ方式",
    NHK技研月報, 4[5], pp. 132-135 (1961.5).
  177. 山口幸也, 福島邦彦: "立体テレビについて",
    通信工業会報, 8[7], (1960.7).
  178. 山口幸也, 福島邦彦: "立体テレビについて",
    NHK技研月報, 3[6], pp. 129-133 (1960.6).

Top | 原著論文 | 単行本 | 解説 | 国際会議 | 国内学会・研究会 | 取材記事 |